お食い初めも心配いらず!簡単なセット販売に注目

HOME > お食い初めセットについて > お食い初めセットの魅力や選ぶコツ

お食い初めセットの魅力や選ぶコツ

 赤ちゃんが誕生してから百日目にはお食い初めの儀式を行うことになります。地域によっては百日目ではなかったり、両親の都合に合わせる場合も多く必ずしも百日目に行わなくてはならないというわけではありません。しかしお食い初めは、しっかり行っておくべきです。ですが育児で忙しい中で、料理を作ったり食器を準備する余裕はない人が大半ではないでしょうか。料亭やホテルといったお店で外食のお食い初めを行う方法もありますが、生まれてから間もない赤ちゃんを連れての外食はリスクもあり躊躇するのではないでしょうか。その際におすすめなのが、通信販売で購入できるお食い初めセットです。自宅で手軽に行うことができ、本格的な料理を味わうことができるなどお食い初めの通信販売のセットには様々な魅力があります。

 お食い初めのセットが便利で魅力的ということは確かですが、一口にお食い初めセットといっても今の時代は数多く販売されていて、どれを選ぶのかによる違いはかなり大きくなっています。選ぶ間ポイントとしてまずは、献立の内容に注目しておきましょう。赤ちゃんはもちろんまだ料理を食べることはできないので、お食い初めの儀式が終わったあとには、大人が料理を食べることになります。赤ちゃんと両親のみで行うのか、祖父母やその他の親戚も呼ぶのかなど、参加者の人数に合わせる必要があります。セットによって献立の種類や量は様々なので、よく比較しておきましょう。もちろんお食い初めは少量のものを選び、大人用には違う料理を手配しておくという方法もあるので、よく考えておくべきではないでしょうか。

 もちろんセット内容の豪華さによって、料金にはかなり違いがあり、金銭面の差が気になるというのは当然のことではないでしょうか。価格は料理だけのものなら五千円から一万円程度で購入でき、比較的リーズナブルです。食器やお膳とのセットになっているものの場合にはだと、少し値段も高くなり二万円前後のものが多くなります。リーズナブルに済ませたい場合には、食器は自分で用意するという方法もあります。近年ではそれほど、しきたりにとらわれないという人が多くなっており、専用の食器ではなく子供用の食器を使うという人も増えています。お膳はついてなくとも、料理がお重に盛り付け済みの商品もあり、そうなればかなり手軽にお食い初めを行うことができるので、子育てに追われているパパやママにはかなり役立ちます。

次の記事へ

カテゴリー